0613

頭が回らない。なにか考えたいとは思っています。本を読んでも文章を辿って撫でているだけで、なにも残らない感じがする。感じがするってなんでしょうか。印象があったということでしょうか。そんな気がしたみたいな。

言い切るのが苦手です。自分の立場をはっきりさせるとか、そういうのが駄目っぽい。意見はころころ変えたいと思ってる。後からなんとでも言えてしまえた方が気が楽だし。簡単に言えば責任を負いたくない。

会話も苦手だ。会話は目的に向かって進むものであって、価値観の確認とか評価とか、直接的ではないけれど確かにそれらが含まれていて、発言から既存のイメージに当てはめながら解釈する。

とか書いていたら電車を乗り過ごしたりする。

 

0604

自分の感触を楽しむしかない。なにを触るにも自分の肌で触れるしかない。自分の声の反響を聴く以外に何かを聴く方法がない。

0531

自分の足音が楽しくて歩き続けるみたいな理由でずっと暮らしていきたい。

もう少し自分の感情に責任を持つべきかもしれない。

いくら理不尽でも自分が生きていることが自分に関わる全ての原因だと思ったりする。

0530

グローバル化で格差が広がるみたいな先輩の暗い話を聞いた。今までも何度か聞いたことがあるけど。人に話せることがあるのは羨ましい。僕もいつか経済について語ったり、具体的な不安に憂いたりしたい。

 

それは記号のようなものなので。

 

これから忘れるであろう毎日を続けていく。だけど、生きていれば何かのきっかけで思い出せるかもしれない。思い出すほどのものでもないとは思うけど。ありふれてしまったら特別じゃなくなるのは仕方ない。

 

理解するのは難しくて誤解するのは簡単なんてことがあるでしょうか。どうでしょうか?

0424

猫という言葉を知ってから猫が目の前をよく通るようになった気がする。そうじゃないけど別に良い。

 

あまり自分を追い詰めなくなった。一人でどんどん沈んでいくのが上手だったのに。

 

娼婦と兵士を半分ずつ。

 

気が付いたら四月が終わりそうだった。

0420

少し考えるだけですぐに虚しくなってしまう。虚しいのも豊かなのも、ただの見え方だと思うし、実際に全てが虚しいなんてことはない。それっぽい感想を言うだけで、よくわからない印をつけただけだ。

0410

退屈と寂しさは感じるけど、意欲的に動いても結果的には時間と労力とお金を無駄にすることになってしまう。会話は下手だし、距離の取り方も上手じゃない。他人の気分に合わせて自分の気分を左右されるほど近付きたいとも思えないでいる。天気がころころ変わるだけでもうんざりしてしまう。

自分の情緒不安定さをさらけ出すのに抵抗がある。そう思うことが最近多くなった。そういうのを晒している人はたくさんいて、何故か目についてしまう。見たくないと思ってはいるけれど、結局こうやって少し言及してしまっている自分にがっかりする。自然に視野から外してしまって、なにか別のことに思考を巡らせるべきだ。他人の醜さに関わるべきじゃない。