0604

自分の感触を楽しむしかない。なにを触るにも自分の肌で触れるしかない。自分の声の反響を聴く以外に何かを聴く方法がない。